スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2009年03月30日

尾花沢今昔

万年雪をいただく出羽三山(羽黒山、月山、湯殿山)主峰月山(標高1984mm)は山形県のほぼ中央、村山(上山市から尾花沢市まで)最上、庄内、にまたがってゆったりとそびえる。古くから山伏達の修験道の霊場として全国各地から参拝客を集め、5月のゴールデンウイークから7月中旬頃まで夏スキー客らで賑わっている、又蔵王連峰から御所山連峰までの奥羽山脈が連れんとつながっている、その霊峰御所山の麓にある尾花沢に春近い3月26日~28日の間に30cm位の大雪がつもった。春は名のみの感がするこの頃である。
 そんな尾花沢に降った雪は地下に浸透し伏流水となり、やがては農産物を育み、大地を肥沃にして特産品が生まれる土地柄なのである。また雪溶け水は、丹生川から大河最上川へと合流し酒田から日本海へと注ぐのである。 丹生川の近くには朧気川(おぼろがわ)がある。この 川も最上川へと合流するのである、尾花沢の南端にある朧気という集落から東を望むと丹生川をへだてて玉野、宮沢、方面の山峡地帯が一望できる、朧気という地名は昔順徳天皇が佐渡より逃れて、玉野原に行く途中、この地より玉野原の方を眺めると、その日は霧がかかっていて「おぼろ」に見えたのでこの地名になったといわれている。
私の子供の頃にはこの二つの川にはカジカやアユ、ハヤ、といった川魚が多くとれたものだ、男児はヤロコ、女児は へナコ、と、言っており (尾花沢の方言) 男の子供たちをヤロコだ!女の子供たちを へナコだ!と言いながら山や川でよく遊んだことを思い出す。川原にはガラス箱(箱メガネ)と針やすを持って行く、針やすとは箸を削って針を3本糸でくくったものでガラス箱を覗きながら、石の下からカジカが顔を出したところを突いて獲るものであり、日の暮れるまで遊び、腹を空かして家に帰ったものである。 カジカは河川の中流から上流域にかけての玉石の多い所に住み、えさは揺蚊(ユスリカ)ハエ目ユスリ科の昆虫体長5mm位やカワラゲの幼虫。 澄んだ水が流れる山間の渓流や水の汚染されていない所のみ、生息するため「カジカの住む川は水がきれい」言われている 今から50年前くらい前に田植えの季節が来ると丹生川の川を堰き止め、田んぼに水を入れる。 すると川は干上がってしまい、カジカが面白いように簡単に拾うことが毎年出来たものであった。
丹生川の水の入ったお米は本当においしいごはんだった。(今はそれを懐かしむ・・・)

  

Posted by ぴぴ at 20:18Comments(0)

2009年03月30日

4月のひな祭り

雛祭りといえば3月3日が相場ですが、山形では旧暦の3月である4月に行います。尾花沢・大石田地区も毎年この時期には多彩なイベントを催しております。今回は「大石田ひなまつり」についてふれてみます。大石田は、江戸時代に物資輸送の大動脈となった最上川の中心河岸で、舟運により京都などとの交易で大いに繁栄しました。現存する古い雛人形の多くはその頃もたらされました。近年、雛人形研究家により「雛の隠れ里」として紹介され、全国から数多くの観光客が訪れます。
「大石田ひなまつり」は、地元に伝わる「お雛見」が復活されたもので、4月2日~3日にかけて行われ。昔ながらの祭り方である自宅展示で各家々が所有する雛人形を公開し 雛膳や「くじらもち」をふるまいます。また、この期間中、町立歴史民俗資料館では、江戸時代からの貴重な雛人形のほか、大石田ならではの古い雛道具や、郷土人形・ままごと道具一揃いなどが特別公開されます。

yuusoku.jpgkyouhou.jpgkokin.jpg

  

Posted by ぴぴ at 18:35Comments(0)

2009年03月30日

農業暦(昔々の米作り)

地区の古老が記した「農業暦」の写しをいただきました。
現在では行っていないこともあり、史料として大変貴重なものですから
ここに原文のまま掲載します。

四月。五月。農事始め・『鍬の柄のもろ手になじむ四月かな』
苗代(水苗代)雪解けを待って始まる春一番の作業は男は股引、女はもんぺ(裾を足首の所でしぼった労働用の袴腰回りはゆったりしていて着物の裾をいれることができる主に東北の婦人が用いたが第二次大戦中全国に広がったもの)
素足で田に入って作業す、鍬鎌が農具の主なり。鍬で畔を塗り、四本鍬で耕起し三本鍬で塊打ち、
代掻き{苗代や田に水を入れる)
・苗代の播種、早朝日の出前に蒔く畔から均一に飛ばし蒔く、
牛馬(農耕用飼育)田畑の耕起、運搬等に農家の大切な労働力で昭和三十年代までに飼われていた。

DSC01195.JPG

六月・七月・田植え・田植衆腕一斉に植え始む苗取り早朝(四時から六時)午後一時から二時、蚊遣火(かやりび)蚊を追い払うため燻し火
田植枠、田面に植え印をつける、田植えの一人前植え付け・・五畝歩
苗取り一人前、二百から二五〇把。
DSC01189.JPG

・七月・八月・田草取り、『もの言わぬ夫婦になりけり』
田草取り・・一番草、二番草、二回の除草を行う田を這うようにして手で書き取る暑い日盛りの大変な労働、昔は専業農家が多く若い夫婦も田畑で共稼ぎ日中の子守、子育ては姑の役目おやつの授乳は田や畑で乳児に母乳やる健康な母親

DSC01188.JPG

・九月・十月・穫り入れ、『作柄は束ねし稲の穂の重き稲刈り・・・』
稲刈り・・稲刈り鎌で手刈り一日当たり一三○から一五〇束(一人前の仕事)を刈って束ねて畔立てをする一束とは六把(三表・・・百束)
・稲扱き、主に夜仕事、朝仕事、足踏式、手廻し式の人力用玄米一俵・・六〇キロ一俵総重量七五キロ


DSC01184.JPG

昭和三十年代まで続いた農家の在り方であり平成の現代では昔物語りとして面影も無し・・。

日本の原風景ですよね。確かに今は見ることができなくなっていても
その地域に代々受け継がれてきた「農」への想いは消えることは
ないんだと思いました。






  

Posted by ぴぴ at 18:32Comments(0)

2009年03月30日

花笠パレードの歴史

「おばなざわ花笠まつり(花笠パレード)」の歴史についてちょこっと調べてみました。
元々は尾花沢村鎮守諏訪神社の祭礼がルーツだそうで、この諏訪神社の尾花沢鎮座は、古代まで遡ることができて古くから地域の人の厚い信仰に支えられていました。特に江戸時代には尾花沢代官が「郷村触れ」をだして参詣を推励しています。当時の賑わいは文政十二年(1829)にまとめられた前句付集「古吟集壱万句寄」に「押分けられぬ程の賑わい 笠の波うねる詣の諏訪の海」と謳われるほどでした。諏訪神社拝殿は、寛政三年(1791)に建てられたものですがその頃から 「祭り囃子」は行われているようです。お囃子の曲調は、京都の祇園囃子の系統を継いでいるそうです。現在の「おばなざわ花笠まつり」はこの諏訪神社祭典の流れを継ぐもので神輿渡御、囃子屋台巡行、豊年踊りが行われます。特に豊年踊りは梺町・中横町・上町に新町の四組割で行われます。花笠踊りは徳良湖築堤工事の「土搗き唄」に由来していて踊りは地区ごとに特色を持ち上町流、原田流、寺内流、安久戸流など、それぞれの地名をつけて今に至っています。

元祖おどり.jpgdd3.jpg


  

Posted by ぴぴ at 18:27Comments(0)

2009年03月30日

銀山発見史(外伝)

16世紀のなか頃に中国やポルトガル、オランダ、イギリスの商船が、しきりに日本へ来航するようになってきます、日本の金銀を輸入目的があったのだろうか、当時ヨーロッパでは日本国とは太平洋上に浮かぶ「黄金の島」と考えられておったようですマルコポーロ(ポルトガル人)の有名な「東方見聞録」という旅行記によると日本のことについて書いており ジパング(日本のこと)は大陸の東方1500マイルの大洋中にある大きな島で、黄金がはかりしれないほどたまっています。と日本の紹介をしました。 コロンブスもアメリカ大陸を発見したきっかけは実は、黄金の島日本日本を、探検しようとした途上の出来事だったと思われます。その頃日本は鎌倉時代末期から秀吉や、家康の時代入り、金銀が為政者にとって絶対的に必要になってきたと思います。
この時代以前から銀山はあったわけですからもしかしたらこの地の銀が遠くヨーロッパにまで・・・
と思いが膨らむのです。

  

Posted by ぴぴ at 18:25Comments(0)

2009年03月30日

銀山発見史

おしん物語の銀山温泉は今全国から多くの観光客で賑わっておりますが銀の山としての銀山はいつの頃から発見されたのか知る限りですが調べてみました。銀山は慶長年間の頃発見開坑されたといわれています、その頃の銀山は野辺沢城主遠江守光昌の所領であったから野辺沢銀山と呼ばれておりました。佐渡の相川金山もこの頃であったといわれています。そののち銀山は徳川家康が将軍となり江戸幕府を開きその幕府直轄としたとされています。
発見者は加賀国金沢の人。儀賀市朗左衛門という山師だそうでその儀賀市郎左衛門の像が建っている白銀公園は自然の渓谷美を満喫させてくれます、公園内には堅苅(かたかり)熱田(ねつた)などの銀鉱石が産出したところがありまして、往時の大廃坑が湯上がり姿で見学できるなども数多い温泉場の中でこの銀山温泉だけなのかも、そして頂上に登ると儀賀市朗左衛門の大きな像がたってて、銀山伝記が刻まれています。
銀の鉱脈から湧く温泉は格別なものかな

ginzan2.jpgginzan1.jpg

  

Posted by ぴぴ at 18:22Comments(0)

2009年03月30日

尾花沢の歴史2

鈴木清風一族は紅花をはじめ陸奥・出羽の産物を手広く京阪、江戸へ送り売りさばいた大商人であると共に、いずれもすぐれた俳人で商用のため京阪、江戸を往復する間にかの地の文化を尾花沢に移し植えたと云われている。旧七月二十七日の秋祭りは、鈴木一族によって京都祇園祭を模し移されたもの云われ山車の豪壮華麗さは目を奪うものがあり、山車飾る「紙の紅染造花」にすぐれた技術を伝え、今尚伝承している花笠踊りの笠には江戸中期より伝承した真赤な「紅染紙花」がつけられ千余人の男女が笠を廻し踊りながら供奉しまさに「そろたそろたよ踊子がそろた秋の出穂よりまだそろた」と続いて「花の山形紅葉の天童、雪を眺むる尾花沢」と来る。この花笠踊りは大正八年に灌漑用水湖として生まれた人造湖(徳良湖)の築堤の際の「土搗き唄」によると云われ現在は東北四大まつりの一つ山形花笠まつりに発展している。



  

Posted by ぴぴ at 18:19Comments(0)

2009年03月30日

尾花沢の歴史1

美味史探究では地域の歴史もわかりやすく取り上げています。そこで今回は尾花沢の歴史についてふれてみます。尾花沢が広く知られることになったのは俳聖芭蕉の不朽の名作「おくのほそ道」です。芭蕉は出羽の豪商で旧知の俳友である鈴木清風を訪ね。当地の俳人たちと交流し多くの俳句を残しました。また地元の人々にすすめられ、山寺に行き有名な句「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」を残しました。結局芭蕉は尾花沢に十泊逗留しています。このときの尾花沢は十七世紀前半に町としての形態を整えた、羽州街道宿場町として人々が往来した幕府代官の陣屋町としての性格を兼ね、尾花沢代官所は「北限の代官所」であり、尾花沢小学校が尾花沢代官所跡です。尾花沢小学校には当時の尾花沢(村)の絵図が残されています。


  

Posted by ぴぴ at 18:18Comments(0)